ホーム > 腰の110番

原口整骨院はぎっくり腰の専門家です!

ぎっくり腰とは? ぎっくり腰とは?

重いものを持った時によく起こる急性腰部捻挫を指します。
ぎっくり腰になってしまう時は、人それぞれで背伸びをしたときに「ぎくっ」となってしまう方もいます。
近年では、ぎっくり腰は若い人にも多く、日常生活や仕事にまで支障をきたすことがあります。
ぎっくり腰は突然起こり、しかもかなり痛いです。時には全く動けなくなるほどの痛みを伴います。
とにかく早期の対処が重要ですので、ぎっくり腰になってしまわれた方はまずは当院にご相談下さい。
田川市の「原口整骨院」はぎっくり腰の治療を得意としております!“早く痛み”を取り除きます。
急な腰痛ぎっくり腰は、早く治したいですよね!?早期治療が早期回復のカギです!
ぜひ当院までお問い合わせ下さい!
※お問い合わせの際は「ホームページを見て」とお伝えいただくとスムーズにご対応させて頂きます。

ぎっくり腰の治療法

ぎっくり腰になってから2日から3日程度は、痛めた腰は温めない方が良いです。1日数度、10分間アイスパックなどで冷やして様子を見ます。
どうしても動かなくてはならない時は、腰痛ベルトなどの腰の補助ができるものを巻いて腰部を安定させると、少し楽になる場合があります。
しかしながら、足にしびれが出ている場合等はすぐに当院までご相談下さい。
大事をとって専門家に診てもらう事が一番の得策です。

 

原口整骨院の専門治療法

<原口整骨院の「高気圧酸素カプセル」と「微弱電流」を使った専門治療>

原口整骨院では、今話題の「高気圧酸素カプセル」と「微弱電流」治療を取り入れ一日でも早く患者様の痛みを取り除き治癒期間を短縮する治療を目指しています。
はじめての方や年配の方など、笑顔で安心の治療をしていただけるように十分な問診をもとに患者様ひとり々に合わせた丁寧な治療をさせていただきます。

この原口整骨院の「高気圧酸素カプセル」と「微弱電流」を使った治療は、
九州でわずかの整骨院でしかやれない特殊な治療です。

微弱電流(ソーマダイン)治療・・・・・電流のビリビリする痛みが全くなく、各部の痛みをとる治療法
この当院「微弱電流」と並行して「高気圧酸素カプセル」を使用することにより、損傷部位の疼痛除去をし、細胞レベルの損傷を回復させることが当院で可能です。

この専門治療法は非常に「ぎっくり腰」に効果的です。
田川市や飯塚市・直方市にお住まい・お勤めで、ぎっくり腰でお困りの方は、一度当院にご相談下さい。